PRODUCTION PROCESS -FULL ZIP WALLET 3-

JOURNAL

PRODUCTION PROCESS -FULL ZIP WALLET 3-

Manufacturing

コードバンフルジップウォレット製作工程

フラットヘッドのウォレット中で最大の容量を誇るフルジップウォレット「FN-WLZ1-3Z」



フルジップウォレットの製作工程もいよいよ大詰め「仕上げ」へと移ります。

前回までに内装製作工程を紹介してきました。
ここで外装パーツと組み合わせる前に、まだまだ工程があります。

ジッパーの秘密

ジッパーの秘密

フルジップモデルのため、組み合わせる前にジッパーを取り付けます。
このジッパーの取り付けに秘密があります。

画像をご覧いただくとジッパーが革のコバ面から内側に入り込んだ作りになっているのがお分かりになるかと思います。
この構造がこのフルジップウォレットの特徴でもあり、ジッパーテープを擦れ等から守る役割を持っています。

ジッパーの引手取り付け

ジッパーの引手取り付け


ジッパーの引手にレザーパーツを取り付けます。
このレザーパーツも一つひとつ手縫いで縫い合わせています。
中心をふくらませて縫うことで糸が擦れにくくなり、耐久性も増します。

ジッパー縫い合わせ

ジッパー縫い合わせ

手作りの型紙を使いジッパーを抑える革に下穴を開けます。
この革もコードバンの1枚革を使用しています。

下穴を開け終わったらジッパーをセットしていきます。


下穴とズレてしまわないよう慎重にスタート位置を決め、ラウンド部分もゆがまないようにしっかりと押さえ、内装パーツに合わせていきます。


ジッパーを押さえる革、内装パーツには下穴が空いているので、お互いのパーツの穴を揃えていかないと縫い合わせができません。
その為に一穴ずつ穴合わせ作業を行います。

内装の穴位置のズレを調整

内装の穴位置のズレを調整


この作業を行わないとウォレットの開きが悪くなり、収納のしやすさが損なわれたり、折った際にシワが入ってしまうなど見た目も損なってしまいます。
画像では分かりづらいですが内外装共に同じ穴数に揃えています。


次に外装パーツと縫い合わせていきます。
外周を合わせながら穴あけ作業を行い、縫い合わせます。

最終工程「コバ磨き」

最終工程「コバ磨き」


縫い合わせが完了したら、いよいよ最終工程「コバ磨き」へ。

使用する革、カラーによって工具も使い分けています。
コバ部分に十分な艶が出るように磨き上げ、完成です。

完成

完成


フラットヘッドのウォレットの中では一番の収納量を持つフルジップウォレット。
その為、工程数も多く製作には非常に時間がかかります。

ここまで紹介してきた工程、画像は部分的な物です。
フルジップウォレット製作の細かな作業内容が一部分でも皆様にお伝えできれば幸いです。

作業内容も常に進化を繰り返しながら今後も皆様にご満足いただけるアイテムを製作していきますので、今後もストックバーグ製品にご期待ください。

LINEUPラインナップ