PRODUCTION PROCESS -FULL ZIP WALLET-

JOURNAL

PRODUCTION PROCESS -FULL ZIP WALLET-

Manufacturing

コードバンフルジップウォレット製作工程 ~内装編~

ラットヘッドのウォレット中で最大の容量を誇るフルジップウォレット「FN-WLZ1-3Z」

今回はフルジップウォレットの製作工程から、内装製作の様子を紹介します。



内貼りの台(中台)にカード入れや小銭入れ部分、札入れなどのパーツを組み合わせていきます。

カード入れ

カード入れ

カード入れのパーツを製作していきます。

豚革を貼り合わせ、飾り縫いを施し、コバを磨く。

この一連の作業を繰り返していきます。

カード入れ部分の組上げを段取り

カード入れ部分の組上げを段取り

先ほど作製したカード入れ部分のパーツを組み上げていきます。

しっかりと中心を合わせて縫い上げます。

小銭入れ

小銭入れ

カード入れ部分に続いて小銭入れ部分の作業へ。
ジップの小銭入れ部分も細かい作業の連続です。

豚革を貼り合わせたパーツをセットし、外側にはカードケースを取り付けます。

ジップの合わせも慎重に行っていきます。
ジッパーテープを隠すため、慎重に豚革を貼り合わせて、
作業は「手縫い」へと移ります。

ジッパー部縫い上げ

ジッパー部縫い上げ

ズレないようにジップ部分を縫い上げていきます。

ジップ取り付けご、コードバンフルジップウォレットのポイントとなるギミックを作製していきます。

小銭入れ部のマチパーツ

小銭入れ部のマチパーツ

小銭入れ部分は使いやすさを求め、マチを取り付けます。
このマチは複雑な造りになっています。


コードバンフルジップウォレットの小銭入れには、底マチとサイドマチが付いていますが、それぞれが連動して開く造りになっています。
細かなパーツへの穴あけ作業はとても集中力を要する作業です。



取付位置を確認しながら底部分、サイド部分にマチのパーツを縫い合わせます。


マチの縫い合わせが終わったら中台に組み付けます。

中台に接着し、傷をつけないよう慎重に底マチ、サイドマチ部分を中台に縫い付けていきます。

左:カードケース 右:ジップ小銭入れ

写真では分かりづらいですが、底マチとサイドマチを連動するように縫い繋げていきます。


底マチとサイドマチがつながって、口を広げるとしっかり連動してそれぞれのマチが開きます。
このギミックも修正に次ぐ修正の末、ようやく求めていた作りにたどり着きました。
札入れ部分の開きが良くなり、収納量も格段に増えました。