初夏にピッタリな麻素材の魅力

春の肌寒さも薄れ、穏やかで過ごしやすい初夏。

今シーズンのフラットヘッドでは、そんな季節にピッタリな麻素材を用いたアイテムを数多くラインナップしています。

今回は、その中から幾つかのアイテムをご紹介します。
 
 

– 綿麻ニットカーディガン –


コットン85%にリネン8% ラミー7%を加えた綿麻ニットカーディガン。
肌触りと吸湿性に優れる綿に、麻の持つシャリ感と清涼感、絹に似た光沢感をプラスした春夏に最適なカーディガンです。

リネンとラミーとは?
リネンはフラックスと言う亜麻科の植物で、茎の部分から取り出した柔らかな繊維を撚ってリネン糸にしています。
柔らかさと強度を併せ持つリネンは、吸水性と放湿性もあり、更には通気性にも優れている為、肌に密着しないサラッとした着心地を与えてくれる素材です。
ラミーは苧麻(ちょま)と呼ばれる植物の繊維で、日本でも古くから使われている麻素材です。リネンと比べややコシの強い繊維で、生地に清涼感と光沢感を与えてくれる素材です。
 

– 綿×麻素材のサマーニットポロ –


3色使いのボーダー柄が鮮やかな印象を与える、綿×麻素材のサマーニットポロ。
こちらのポロシャツもカーディガンと同じく、コットン85%にリネン8% ラミー7%の生地を用いています。
綿麻の素材感とニット編みのざっくりとした生地感が通気性を高めています。
 

– リネン100%のイージーパンツ –



リネン特有の薄くてもコシのある生地感、サラッとした快適な履き心地を存分に味わうことができる初夏から夏に掛けて最適なパンツです。
 

– チェックシャツ –


インディゴ染めの糸を使い織り上げた、爽快感が溢れるショートスリーブのチェックシャツ。
オープンカラーの襟でクラシカルな雰囲気に仕上げています。

リネン52%、コットン48%による生地は、麻の清涼感とシャリ感が強く暑い夏でも肌に纏わりつかない快適な着心地です。
着込むほどに色落ちするインディゴの経年変化も魅力です。
 

– ボーターハット –


素材にリネンを用いた、軽量かつ清涼感に優れたボーターハット。
ヨーロッパ発祥のボーターハットは、舟の漕ぎ手が被るために、水しぶきを浴びても柔らかくなりにくく耐久性を求めて作られたもので、プレスでしっかりと成型され硬く仕上げられています。
日本では、昭和初期からカンカン帽の名で親しまれてきました。硬く仕上げられている為、指ではじくとカンカンと音が鳴ることに由来すると言われています。
このハットはリネンの繊維をテープ状に編み上げて、それをグルグルと渦巻状に重ねてから帽子の型に入れて成型しています。
服と同じリネンでも、使い方で全く違う姿になるのも面白いですね。
 
 

今回ご紹介した麻素材のアイテムはラインナップの一部です。
夏に向けてショートパンツなども入荷予定となっておりますので、そちらも是非楽しみにお待ちください!

その他の特集

PAGE TOP