• JP
  • EN

SHIRT

旧式シャトル織機で織り上げた生地は、生地端が解れないように「耳」と呼ばれる部分があります。これは旧式シャトル織機で織り上げた証でもあり、フラットヘッドのシャツにはこの耳まで用いた製品が多く存在します。しかし、旧式シャトル織機で織り上げる理由はこの耳と呼ばれる部分ではなく「生地の風合い」にあります。 続きを読む...
現行の織機と比べ生産効率は劣りますが、着込むほどに増していく風合い、程よく表れるムラ感が空気を含むことで生み出す温かみなど、旧式シャトル織機にしか出す事のできない魅力があります。縫製では2本針のチェーンステッチによる巻き縫いなど、綿糸による縫製でも強度があり見た目にも雰囲気の良いディテールが盛り込まれています。
1 / 3123

あなたへのおすすめ

PAGE TOP