R-SHS-001L

STARBURST L/S
PRICE ¥36,100(税別)
SIZE 34 / 36 / 38 / 40 / 42 / 36W / 38W / 40W / 42W
COLOR ブラック / ベージュ
PRICE ¥37,900(税別)
SIZE 44 / 46
COLOR ブラック / ベージュ
DETAIL
・RAYON100%(旧式シャトル織機)
・ハンド抜染
・ココナッツネコ目ボタン(手付け)
・主要部巻き縫い
・ワンウォッシュ
・カラー:ブラック / ベージュ
※サイズ44/46は37,900円(税別)

アイテムの説明

強撚糸レーヨン

究極を求めフラットヘッドブランドで培った技術や、思考錯誤で作り上げてきた唯一無二の素材は、関連ブランドで共有しています。
そのフラットヘッドの代表アイテムの一つであるレーヨン。ヴィンテージのハワイアンシャツでもレーヨンはフィラメントレーヨンの“甘撚り” または“無燃糸” を使用した物と言われていますが、フラットヘッドでは独自のアイディアでドレープ感と強度を求め、フィラメントレーヨンの“強燃糸” を使用しています。

R.J.B のデザインは1800年代後期の着物に用いられた柄を元に、アメリカで1950年代に用いられたデザイン「スターバースト」と融合させ、フラットヘッド同様に図案から書き下ろしています。

ワイドスプレッド

R.J.Bが独自に導き出した理想の角度によるワイドスプレッドカラー。

ココナッツネコ目ボタンと手縫いによるボタン付け

ボタンはヤシの実から削り出したココナッツネコ目ボタンを使用。
天然素材の持つ柔らかな素材感が魅力です。

ネコ目ボタンは1940~50年代頃によく使われた形状で、ネコの目に似ていることからそう呼ばれており、中央の溝に縫い付けた糸が収まることで糸切れによるボタンの解れを起きにくくする効果もあります。

続きを読む…
ボタンを生地に取り付ける際は、専用のミシンで付けるのが主流となっています。
ミシンにボタンをセットし、ボタンをつける位置をレーザーで合せたらスイッチを押すだけでダダダダダッと…。僅か数秒でしっかりとボタンが付きます。
しっかりとボタンが縫い付けられる反面、生地に針をさす回数は多くなるため、レーヨンのようなデリケートな素材の場合、その部分の生地は針穴と縫製糸により強度が落ちる恐れがあります。R.J.Bのハワイアンシャツにボタンを付ける工程ではミシンを使用せず、一つひとつ職人が手作業で行なう手付け縫製をしています。手間と金額面で現在ほとんど行なわれていない作業です。手付けの場合、必要以上に生地に穴を空けない為、生地へのダメージも少なく、裏側の仕上がりも奇麗で、ボタンの裏側で糸を巻く「根巻き縫製」と言う手法を使い、人の手でなければ解らない糸のテンション(遊び)を作る事ができます。この程よい遊びが重要で、仮にボタンをどこかに引っ掛けてしまってもボタンだけが取れ、生地を破く可能性も少なくなります。手縫いによるボタン付けは、ベテランの職人でも1時間に40個程度を付けるのが限界です。ボタン付けだけでもかなりの時間を要します。

ポケット柄合わせ

ポケットを取り付ける際はボディの生地と柄合わせをして縫製しています。

あなたへのおすすめ

PAGE TOP