FVA-01

VACUUM TUBE PRE-MAIN AMPLIFIER
PRICE ¥379,600(税別)
COLOR グリーン / ピンク
DETAIL
・アンプ部サイズ:W227mm H230mm D326mm
・パワード サブ ウーファーサイズ:W200mm H225mm D375mm(突起部含む)
・スピーカーサイズ:W120mm H225mm D170mm
スペック

アイテムの説明

昔懐かしい真空管アンプが生み出す温かい音色

フラットヘッドでは、真空管からスピーカー、塗装まで全てにおいてこだわり抜いた真空管アンプを完成させました。
心を癒すほのかな灯りと、心に響く音を奏でる真空管を使用する事によって、デジタルではカットされてしまう暖かみのある音を再生し、50sテイストのデザインとしなやかで凛とした響きが素敵な時間を演出します。
カラーはピンクとグリーンの2色をご用意しています。

真空管(パワー管)

強いミッドレンジのパンチ力管と出力パワーを出す為に、ギターアンプで世界的に有名なGroove Tubes社製 GT-6CA7GE(USA製)真空管を採用しています。
これを採用するにあたり、特性を測定し、非常にバランスの取れた音に致しました。

真空管(プリ管)

トーンコントロール回路・パワー部前段増幅回路にRCA7025(USA製)を使用し、安定性を重視。
また、交流方式にすると放電がちらばりノイズが発生してしまう為、ヒーターを直流点火方式にし、ローノイズでピュアなサウンドを実現させました。

ノイズ対策(極限までノイズをカット)

極限までノイズをカットする為に試行錯誤。
全てにおいて計算しつくされた造りによって生まれたリアルな音の再生を実現させました。

真空管は構造上、蛍光灯などの電磁波などのノイズの影響を非常に受けやすくなっています。
リアルな音の再生ということで、アンプケースの大きさ・位置、板金、真空管の位置、基盤の位置・大きさ等を計算し、プロジェクトチームを組み、何ヶ月もかけてサンプル制作、試行錯誤をして極限までノイズをカットさせる事を実現させました。

自然でリアル感を生み出す

電流負帰還回路の採用により、芯の通った音の再生に成功。また、電源部にアクティブリップルフィルターを採用し、ダイナミックな音作りにも成功しました。

熱対策とデザイン

筐体内部の部品から出る大量の熱を逃がすには、筐体の天面に穴を開けるのが一番簡単ですが、デザインイメージから、放熱用の穴は横ではなく前後面に配置しました。内部の基盤や配線等が少し見える様にする為に、穴の大きさ・数・
位置、ロゴデザイン、全体のバランス等を計算して熱対策とデザインを一体化させています。

前面部

真空管を前面に配置し、ほのかに灯るオレンジ色で温かみのある演出をしました。

手づくりの竹スピーカー

古くは横笛や笙などに使用されていた竹。その日本人の心を癒すしなやかで凛とした響きをスピーカーの素材として採用しました。

リアルで立体感のある真空管アンプ独特の自然で、心地よい音を表現する為に、竹集成材を採用致しました。
スピーカーの素材としてはほとんど使用されていない竹素材ですが、竹の高硬度、高弾性、高密度という特徴を生かすために、商品づくりには試行錯誤し、手づくりの竹スピーカーを完成させ、今までにないしなやかで凛とした響きを実現させました。

ダイナミックな低音を再生

今までに経験したことのない深みと立体感を与えるウーファー。竹スピーカとの最適な音響マッチングで味わい深さが増し、素晴らしい音場空間を実現。

澄んだ音・透明で伸びやかで、ツヤのある音のみでなく、ダイナミック な低音再生の為に、パワーアンプ内臓のウーハーを装備。デザイン面や大きさにおいても、アンプ部にマッチさせ、2.1chスピーカーシステムとすることで、狭いスペースでも今までにない深みと立体感を再生させる事が出来ました。また、パワーアンプ部にはDCサーボ回路を採用。応答速度の速い低域再生を実現させました。鳴らせば鳴らすほど、時間がたてばたつほどその味わい深さが増していきます。

塗装

スピーカー・ウーファーの表面塗装は、ポリエステル鏡面塗装と呼ばれ、高度な技術を要する仕上げ方法で、熟練の職人の手によってしか生み出されない塗装です。普通のツヤ消し塗装に比べると何倍もの時間や技術、集中力を必要とし、塗装の層が厚く、まるで鏡の面のようなツヤと透明感が生まれます。鏡面仕上げすることで、宝石のように輝き、ぜいたくな高級感がかもしだされるのです。
素材の表面をバフがけし、素材の表面が平滑でないと、塗装をしても表面の凹凸が目立ってしまうため、限界まで磨いて平滑にします。そして、中塗装・表面塗装と繰り返し何度も塗り重ねていきます。(下塗り3回、上塗り5回)最後に表面を水で研ぎ、美しく仕上げます。工芸品のような深い光沢をもち、美しいツヤを保ちます。

ボリュームツマミ

ボリュームツマミは、ブラックメッキ等ではなく、使い込めば塗装面が薄くなり、真鍮色が見えてくる様に真鍮削り出し・ブラック塗装・数字は彫刻を施しています。
使い込むほどに“アジ”(経年変化)がでるように致しました。

スイッチノブ

スイッチノブはクラシカルな形状にこだわり、専用の金型を起こして樹脂形成致しました。
使い込むほどに色が変化し、経年変化もお楽しみいただけます。

LEDランプ

星部のLEDは電源をONにすると点灯するように、 デザインと電源のON/OFF視認性をもたせました。
また、LEDのカラーをオレンジにし、温かみのある演出にしました。

アンプ部前面パネル

アンプ部前面のパネルは、ステンレス鏡面仕上げを施しTHE FLAT HEAD刻印は彫刻で施されています。

カラー

外観塗装色は50sテイストを実現する為に、最高の色が出来るまで何回もサンプルカラーを制作。
カラーはピンクとミントグリーンの2色をご用意しています。

あなたへのおすすめ

PAGE TOP