FN-SCK-001L

CHAMBRAY WORK SHIRT
PRICE ¥22,000(税別)
SIZE 36 / 38 / 40 / 42 / 44
COLOR ブルー / アイボリー / レッド
サイズガイド
DETAIL
・COTTON75% × LINEN25%(旧式シャトル織機)
・尿素ネコ目ボタン
・主要部巻き縫い(トリプルステッチ)
・ワンウォッシュ
・カラー:ブルー / アイボリー / レッド
・サイズ:36 / 38 / 40 / 42 / 44

アイテムの説明

綿麻生地を使用したシャンブレーワークシャツ

アメリカンカジュアルの定番とも言えるシャンブレーワークシャツ。
チンスト、ベンチレーション、山ポケなど、ヴィンテージワークシャツに見られた魅力の仕様を随所にちりばめたシャンブレーシャツ。通年通しての着用を考慮した綿麻生地は、清涼感もあり、日差しの強い夏にも着用したくなる素材です。
古きよきヴィンテージのディテールの魅力と、着込むほどに体に馴染み、風合いも増す、経年変化もお楽しみいただけます。

程よいムラ感のある綿麻生地

シャリ感や程よいムラ感を出すために、綿と麻を旧式シャトル織機で織り上げて生地を仕上げました。
着込むことで色合いも変わり、風合が増していくのも醍醐味です。

セルビッチ

ヴィンテージディテールのひとつ、前立て裏や山ポケ裏などには、シャトル織機で織り上げた証と言える生地のミミ(端の部分)を使用しています。

トリプルステッチ

主要部分の縫製は3本針によるトリプルステッチの巻き縫い仕様。
2本針のダブルステッチを上回る強度があり、見た目にもワークウェアらしいディテールに仕上げています。

チンストラップ

通称「チンスト」と呼ばれ、トップボタン部についているストラップ部分です。
風などによる衿のバタつきを抑える役割があり、1930年代以前のワークシャツやオーバーオールなどに見られたディーテルです。

左右比対称ポケット(山ポケ、ペンポケ)

胸のポケットが左右非対称になっています。通称「ガチャポケ」とも言われ、ヴィンテージワーシャツに見られる仕様です。

左胸ポケットは五角形の山型形状で、通称「山ポケ」と呼ばれます。ボタン留めの先端が尖っていることで片手で簡単にボタンの開け閉めが出来るようになっています。
そして、右胸のポケットは、通称「ペンポケ」と呼ばれる、前立てよりに別のペン挿しポケットが付いています。

機能性として採用されたポケットですが、そのデザイン性の高さから、現代でも人気ヴィンテージディテールです。

尿素ネコ目ボタン

文字通り、中央の窪みが猫の目の様に見えるためネコ目ボタンと呼ばれています。窪みに縫製糸が沈むことで擦り切れることが少なく、ボタンが取れにくい特徴があります。
尿素素材のボタンは、熱や衝撃に強く、耐久性に優れていますが、生産の手間がかかるため現代では希少な素材となりつつあります。

ベンチレーション

シャツの中の熱を外に逃がすためにバックヨーク部にベンチレーションホールを設けています。
かがった状態が菊の花が開いた状態に似ているところから「菊穴」とも呼ばれるディテールです。

エルボーパッチ

「肘あて」の意味を持つエルボーパッチは、消耗の激しい肘部分の補強ディテール。
共生地で付けられたエルボーパッチはデザインのアクセントにもなっています。

三角マチ

裾の両サイドには三角のマチが付きます。
このディテールはヴィンテージのシャツなどに見られるもので、当時は裾の合わせ部分を補強するために付けたと言われています。
フラットヘッドでは十分な強度を持たせ縫製をしておりますが、補強よりもデザイン的な意味でマチを付けています。 このマチの部分にもシャトル織機で織り上げた証と言える生地の耳(端の部分)を使用しています

あなたへのおすすめ

PAGE TOP