F-DS702

WABASH WORK L/S
PRICE ¥27,800(税別)
SIZE S / M / L
COLOR ブルー
PRICE ¥29,900(税別)
SIZE XL / XXL
COLOR ブルー
サイズガイド
DETAIL
・12ozデニム(旧式シャトル織機)
・ドット抜染
・尿素ネコ目ボタン
・主要部巻き縫い/トリプルステッチ
・ワンウォッシュ

アイテムの説明

ウォバッシュストライプのワークシャツ

旧式シャトル織機で織り上げた12オンスのデニム生地に抜染によるドットストライプを施したウォバッシュストライプのワークシャツ。

ドット抜染

抜染によるドットストライプ。
着こむほどにタテ落ち(色落ち)するデニムと共に風合いを増していきます。

旧式シャトル織機

前立ての裏には、シャトル織機で織り上げた証と言える生地の耳(端の部分)を使用しています。

トリプルステッチ

主要部分の縫製は3本針によるトリプルステッチの巻き縫い。
2本針のダブルステッチを上回る強度があり、見た目にもワークウェアらしいディテール。

尿素ネコ目ボタン

見た目が猫の目に似ていることからネコ目ボタンと呼ばれます。
素材にはカゼインなどのプラスチックが使われるようになるよりも古い、尿素ボタンを使用しています。
カゼインなどのボタンは形にした後に着色するため、少ないロットでも制作ができますが尿素ボタンの場合はカタチにする前の練りの段階で色を着けるため、小ロットの生産が難しく、時代と共にその姿を消していきました。練りながら着色するため「練りボタン」などとも呼ばれます。 自然な雰囲気の練りムラもこのボタンの魅力ですが、熱や衝撃に強いと言う特性もあります。 日本国内でも、生産し続けているのは一部の地域の限られた工場だけです。

三角マチ

裾の両サイドには三角のマチが付きます。
このディテールはヴィンテージのシャツなどに見られるもので、当時は裾の合わせ部分を補強するために付けたと言われています。

フラットヘッドでは十分な強度を持たせ縫製をしておりますが、補強よりもデザイン的な意味でマチを付けています。
このマチの部分にも、シャトル織機で織り上げた証と言える生地の耳(端の部分)を使用しています。

ブランドタグ

左胸のポケットにはフラットヘッドのブランドタグを取り付けています。

あなたへのおすすめ

PAGE TOP