F-DJ701

WABASH JKT
PRICE ¥39,800(税別)
SIZE S / M / L
COLOR ブルー
PRICE ¥41,800(税別)
SIZE XL / XXL
COLOR ブルー
サイズガイド
DETAIL
・12oz デニム(旧式シャトル織機)
・ドット抜染
・鉄製ボタン
・主要部巻き縫い
・ワンウォッシュ

アイテムの説明

シャトル織機で織り上げた12ozデニムに抜染によるドットストライプを施したウォバッシュデニムジャケット

経年変化によるデニムのタテ落ちと、ドット抜染がの雰囲気が相まって着込むほどに風合いを増していきます。
このモデルはウォバッシュデニムを用いて、クラシカルな雰囲気を持つワークジャケットに仕立てています。
デニムシャツをはじめ様々なアイテムとの組み合わせで楽しんで頂ける、カジュアルなジャケットです。

ドット抜染

抜染によるドットストライプは、経年変化によるデニムのタテ落ちと共に風合いを増していきます。

旧式シャトル織機

前立ての裏には、シャトル織機で織り上げた証と言える生地の耳(端の部分)を使用しています。

鉄製ボタン

オリジナルの刻印入り鉄製ボタンを使用、裏側のタックも鉄製に拘ります。
強度面はもちろん、使い込むほどに増していく鉄の風合いも魅力です。

ボタンホールの後メス仕様

ボタンを留めるためにはボタンホールという穴が必要です。
ボタンを留めてしまえば見えなくなりますし、着用している際には完全に隠れて相手からは見られることのない部分。 原理だけで言えば生地にボタンを通せる穴だけを開ければ、ボタンを留めることができます。しかしそれでは生地を切って穴を開けているだけなので、すぐに生地が破けてしまい穿けなくなってしまいます。

ボタンホールの穴は、カットした生地の縁を専用のミシンでかがって補強します。
これは穴を開けてから生地の縁をかがる「先メス」と呼ばれるボタンホールで比較的よく目にする仕様です。
切った生地の縁を糸でかがっているので見た目も綺麗です。
※メス=手術用の刃物を意味しますが、生地を刃でカットして穴を開けるので「先メス」という呼び名が付いたようです。
このデニムジャケットのボタンホールは見た目が綺麗ではありません。

なぜでしょうか?

続きを読む…
実はフラットヘッドのデニムのボタンホールは「先メス」と呼ばれる仕様ではないのです。
名称から言うと「後メス」と呼ばれる仕様のボタンホールです。名称を聞いてピンとくる方もいるかもしれません。
先に穴を開けるのではなく後に穴を開けています。まずボタンホールの形状に楕円形のかがり縫いを行ないます。
そのかがり縫いをした中央に、かがり糸を切らぬように刃でガシャン!と穴を開けています。
この方法で穴を開けると、かがり縫いの内側に生地の毛羽が残り、見た目はあまり綺麗ではありません。 なぜ見た目が綺麗な「先メス」ではなく「後メス」を使うのか?理由は1つ、強度です。
鉄製のボタンは硬く、ボタンの開閉でボタンホールを通る際に擦れが生じ少しずつですが、かがり糸にダメージを与えています。 1回や2回の開閉は大した問題ではありませんが、毎日穿いていれば年間で数百回の開閉になります。 長年穿いていれば、かがり糸は擦れにより確実にもろくなり、いずれ糸切れを生じ糸自体も解けてしまいます。
かがり糸の取れたボタンホールは生地に穴が開いただけの状態になるため、そこから一気に破れてしまいます。「後メス」の場合は?
かがり糸の内側に毛羽が残るため見た目は綺麗ではないと述べましたが、実はこの「毛羽」に重要な役割があります。
かがり糸の内側に生地の毛羽があることにより、ボタンの開閉時にボタンとかがり糸が直接触れないのです。毛羽がクッションの役割をするため、長年の着用でもかがり糸をボタンとの摩擦から守ってくれるのです。

袖口(鉄ボタン)

袖口にもオリジナルの鉄ボタンを使用しています。

ピスネーム

左胸のポケットにはブランドのピスネームが縫い付けられています。

ラウンド型ポケット

ヴィンテージのカバーオールなどに見られるラウンド型のポケット。
ポケット口の両サイドに斜めに入る補強用のバータックも雰囲気を高めています。

あなたへのおすすめ

PAGE TOP