起源はミリタリー、トレンチコートをよりカジュアルに。

世界で最も着られているアウターは何か?

それはトレンチやステンカラーをはじめとするコートではないでしょうか。
その中でもトレンチコートは、映画やドラマの衣装やファッション雑誌など、最も目にする機会の多いコートだと思います。

トレンチコートは、第一次世界大戦のイギリス軍が使用した防水型軍用コートを起源とするものです。「トレンチ」とは砲撃や銃撃から身を守るために掘られた溝「塹壕(ざんごう)」を意味しています。清潔感があり上品なイメージのあるトレンチコートですが、本来の目的は、弾丸や砲弾が飛び交う戦場で砂埃や泥、雨や風から身を守るために羽織るための物でした。

アメリカンカジュアルの世界ではMA-1をはじめとするフライトジャケットや、M-65のようなフィールドジャケットなどのミリタリーウェアが数多く取り入れられています。
「同じミリタリーウェアを起源に持つトレンチコートをアメリカンカジュアルに取り入れられないか?」フラットヘッドではトレンチコートのカジュアルな着こなしを提案するため、長年に渡り企画を練上げてきました。
 
 

トレンチコート

表地はコットン100%による撥水処理を施した高密度なギャバジンを使用し、裏地にはフラットヘッドがジャケット用として柄からオリジナルで作り上げた、ネイティブ柄のウールブランケット生地を使用した豪華なつくりです。
 

ガンフラップ(ストームフラップ)


元々はライフルを発砲した際、肩への衝撃を和らげるため設けられたと言われるガンフラップ。ボタンをすべて閉めて、その上から蓋をして雨風の浸入を防ぐストームフラップとも呼ばれるディテールです。
風が強く、寒い日などはフラップを閉めて着用する事で防寒着としての機能も高まります。
 

手付けボタンに注目



着用時に実際に留めるボタンは、脚(縫い糸)を長く縫い付ける事で着脱がしやすく、使用する事のない飾りのボタンは足を短くし、取れにくさを重視して縫い付けています。
見た目と実用性を考慮したディテールです。
この様な部分は、ミシンではなく手作業の工程となるため、時間と手間も必要となります。
美しさを追求した細部への拘り、襟先の縫製には襟専用の特殊ミシンを使用し、一糸乱れぬステッチで仕上げています。
その他の部分においても、パーツごとにミシンが使い分けられており、美しさと強度を兼ね備えた仕上がりとしています。
 

レザーバックル


袖口、ウエストのベルトには革巻きのバックルを使用。使い込むほどに経年変化も楽しめるディテールであり、トレンチコートに拘りを持つ人にとっては重要なパーツでもあります。
また、袖部分のベルトはやや上に取り付ける事により袖丈の長さを短くした場合でもバランスよく見えるように考えています。
 
 

綿×麻トレンチ

コットン55%リネン45%の生地を使用したライトウェイトトレンチコート。
麻類の一種であるリネンは、光沢感を含んだ発色の良さや清涼感に加え強度に優れます。コットンと組み合わせる事で、薄く軽いうえに強度のある生地感に仕上がっています。
ロングタイプのトレンチコートでありながら軽い着心地が特徴で、幅広い着用シーズンで楽しんで頂けます。
デニムとの相性もよいライトベージュカラーです。
 

ガンフラップ(ストームフラップ)


元々はライフルを発砲した際、肩への衝撃を和らげるため設けられたと言われるガンフラップ。ボタンをすべて閉めて、その上から蓋をして雨風の浸入を防ぐストームフラップとも呼ばれるディテール。
 

パイピング仕様


防寒性よりも生地の特性を生かした軽い着用感を重視し、裏側にはライナーを取り付けておりません。生地の縫製部はパイピング仕様にすることで見栄えの良い仕上がりになっています。また、このパイピングに使用する生地にはフラットヘッドがシャツ用に制作した旧式シャトル織機によるチェック生地を用いてデザイン性を高めています。
 

ボタンに注目



着用時に実際に留めるボタンは、脚を長く縫い付ける事で着脱がしやすく、使用する事のない飾りのボタンは足を短く縫い付けています。
見た目と実用性を考慮したディテールです。
 

襟先の縫製


襟先の縫製には襟専用の特殊ミシンを使用し、一糸乱れぬステッチで仕上げています。
 

レザーバックル


袖口、ウエストのベルトには革巻きのバックルを使用。使い込むほどに経年変化も楽しめるディテールです。
また、袖部分のベルトはやや上に取り付ける事により袖丈の長さを短くした場合でもバランスよく見えるように考えています。
 
 

ライダースショート トレンチ

2017年秋冬の新作として登場したMKレーベルのトレンチコート。
そのショートタイプとして登場したRiders Short Trench Coat。
ロングタイプのディテールなど細部の拘りはそのままに、着丈を短くすることで着用したまま車やバイクの運転にも適したトレンチコートに仕上げています。
脱着式のライナーは旧式シャトルで織り上げたコットン100%の大柄千鳥を用いています。
R.J.Bのシャツで用いられる生地を使用した贅沢なディテールです。
 

ガンフラップ(ストームフラップ)


元々はライフルを発砲した際、肩への衝撃を和らげるため設けられたと言われるガンフラップ。ボタンをすべて閉めて、その上から蓋をして雨風の浸入を防ぐストームフラップとも呼ばれるディテール。
 

ボタンに注目



着用時に実際に留めるボタンは、脚を長く縫い付ける事で着脱がしやすく、使用する事のない飾りのボタンは足を短く縫い付けています。
見た目と実用性を考慮したディテールです。
 

大柄千鳥


R.J.Bがシャツ用の素材として作り上げた、大柄千鳥のネル生地を裏地として採用。厚手でコシのある大柄千鳥は保温性にも長けています。
 

襟先の縫製


襟先の縫製には襟専用の特殊ミシンを使用し、一糸乱れぬステッチで仕上げています。
 

レザーバックル


袖口、ウエストのベルトには革巻きのバックルを使用。使い込むほどに経年変化も楽しめるディテールです。
また、袖部分のベルトはやや上に取り付ける事により袖丈の長さを短くした場合でもバランスよく見えるように考えています。
 

フラットヘッドが提案するトレンチコートシリーズ。
ドレッシーにはもちろん、デニムとの相性も抜群なのでカジュアルシーンでも活躍すること間違いなしです!
以下ラインナップをチェックしてください!

その他の特集

PAGE TOP