フラットヘッド ジーンズ コラム Vol.02

ジーンズを選ぶ基準は?

皆さんがジーンズを選ぶ時、シルエット、ディテール、価格など様々な基準でジーンズを選ばれると思います。

フラットヘッドのジーンズを選んでいただく理由として、お客様から良く耳にするのが「色落ち」です。

今回はフラットヘッドならではの色落ちをメインにお話したいと思います。

 

色落ちに欠かせない要素は?

ジーンズの色落ちは通称「タテ落ち」とも呼ばれています。
タテ落ちとは、ジーンズの表面に縦方向の白い線の様な色落ちが現れることを言います。
フラットヘッドの創業当時、世の中ではヴィンテージジーンズのレプリカモデルが大流行していました。
以下にヴィンテージジーンズの特徴を再現しているか、色落ちに関してもヴィンテージに近いほど良いとされていました。

フラットヘッドの前身はヴィンテージを扱う古着店でしたので、ヴィンテージのディテールや色落ちに関してももちろん熟知していましたが、当時のものを再現する事よりも、穿いた時のカッコ良さや、色落ちを楽しんで頂けるかに重点を置いていました。

色落ちを強調させるために「影があるから光がある」ではないですが、色が残っている部分があるからこそ、色落ちした部分が目立つという考えから、しっかり色を残しながらハッキリ色を落とす(言っていて矛盾を感じますが・・・)染色を作り上げました。

糸表面に付着するインディゴを通常よりも濃くし、尚且つ糸の芯の染まらない部分(芯白)をしっかり残すことで、生地の擦れやすい部分は白く色落ちし、擦れにくい部分には濃く色が残る事でメリハリのある色落ちを実現しました。


画像は膝裏に現れる通称「ハチノス」と呼ばれる色落ちです。
膝裏にできる皺の凹凸がメリハリのある色落ちになって現れています。

 

ジーンズの顔はお尻にある?

一目でブランドが判別できるジーンズのバックポケット。
現在フラットヘッドのジーンズは2種類の異なるラインでそれぞれ特徴を分けています。

 

Fライン ~過去と未来の融合~

新素材『ウルトラスウェード』を使ったバックステッチ


ウルトラスウェードは超極細繊維であるマイクロファイバーで形成された人工皮革です。
水や摩擦に強く、色抜けしにくい特徴があります。最初はジーンズの濃紺に対して鮮やかなブルーといった印象です。


着用4~5年のバックポケットです。
ジーンズは大分色落ちしていますが、ウルトラスウェード部分はしっかりと色が残っています。ウルトラスウェードの縁は擦れにくくなっているのでインディゴ色も残り、しっかりとしたメリハリが出ています。

 

強度を高めた特殊二重ステッチ


バックポケットの強度を保つ為、ポケット外周を二重の縫製で仕上げています。
1周目は綿とポリエステルの混合糸、コアスパン糸で縫製し強度と色落ちを両立させています。
2周目は綿糸で上から重ね縫いしています。1周目の縫製だけでも十分な強度を保つ事が出来ます。更に綿糸で重ね縫いする事で、穿き込んだ際に縮みが出て現れる「※パッカリング」で色落ちのメリハリが表現できます。
※縫製糸が縮むことで現れる生地の凹凸

 

4~5年穿き込んだジーンズのバックポケット外周ですが、解れやすい部分でもある、角の部分が解れていません。
生地の色落ちと共に、縫製糸も程よく色落ちしているので雰囲気を増しています。

 

HERITAGEライン ~変わらぬ造り~

クラシカルな雰囲気を楽しめる綿糸のバックステッチ


綿糸の飾りステッチは穿き込むうちに段々と擦り切れていきます。
完全に糸が擦り切れたときに、糸が無くなった生地に色濃くステッチの跡が残っている雰囲気。
これはジーンズを穿き込んだ証でもあり醍醐味だと思います。

解れることが味になる!? 綿糸のバックポケット縫製


バックポケット外周も綿糸のみの縫製なので、やはり糸が擦り切れていきます。
その過程にも情緒があって、いい雰囲気になる。

穿き込んだことで現れるダメージ。
その雰囲気自体もジーンズの経年変化として楽しんでしまおう!というコンセプトです。

あなたはどちらがお好みですか!?

 
まだまだ続くジーンズへのこだわり。
次回はジーンズのパーツについてお話します。
お楽しみに♪

最新ジーンズラインナップは以下を是非チェック!

その他の特集

PAGE TOP