ジーンズ特集 Vol.1

フラットヘッドのアイデンティティ

アメリカンカジュアルブランドとして展開するTHE FLAT HEAD。
ブランドのアイデンティティとも言えるジーンズには、モノづくりに対する想いが全て凝縮されていると言っても過言ではありません。
フラットヘッドの掲げる「店頭に並んだ時点で5割、着用して頂いて7割、着込む事で10割」となり完成する。
この言葉が最も当てはまるアイテムではないでしょうか。
今回は、そんなジーンズについてお話ししていきたいと思います。

 

ベルトループは膨らみが大事


「何でベルトループの話から?」と思われる人もいるかもしれません。
着用しているときは、Tシャツやシャツの裾で隠れてしまい見えなくなってしまうベルトループですが、「そんな部分にも拘りがあります」というのがベルトループ。
画像は新品の状態のベルトループ、真ん中がぷっくりと膨らんでいるのが分かります。
この真ん中を膨らませる事が、長年穿き続ける上で非常に大切な事なのです。

 

こちらは、穿き込んだジーンズのベルトループ。
穿き込む事でベルトループの色も落ちていますが、注目して頂きたいのは色の落ち方。
ジーンズの色落ちは、洗って水で落ちている様に感じますが、実は着用時に生地が擦れる事による色落ちがほとんどです。
このベルトループの色落ちは、両端と真ん中が白くなっており、黄色い2本のステッチの周りはインディゴの青が残っています。
真ん中の膨らみと、両端が擦れる事でこの様な色落ちが現れるのですが、これは真ん中の膨らみがある事により黄色いステッチ部分が沈み込み、擦れにくくなっているという証でもあります。

ベルトループは帯状の生地を巻いて、2本のステッチで縫い付けて作ります。
この2本のステッチが擦れやすく切れ易かったとしたら、ベルトループの巻きはバラけてしまい帯状の生地に戻ってしまいます。帯状に戻ってしまうとベルトループの生地はすぐに破れてしまいます。
そうならない様に膨らみを持たせているのですが、実はこの膨らみは1950年代頃までのヴィンテージジーンズに見られる特徴でもあります。

化学繊維の縫製糸が出来る前、綿糸による縫製が主流だった時代のジーンズ。
当時は、ファッションとしてではなくワークウェアとしての着用に用いられたジーンズは強度を考えた縫製が各所に見られます。

擦れに強いとは言えない綿糸を、どうしたら擦れにくくできるだろう?

当時の人達が試行錯誤し生み出された事が想像できます。
1960年代頃のジーンズになると、縫製糸に丈夫なポリエステルが用いられるようになり、糸の強度に頼ってか、この真ん中の膨らみは見られなくなります。

フラットヘッドの前身は、ヴィンテージジーンズを扱うショップ(※デザートヒルズマーケット)でした。
アメリカから多くのヴィンテージジーンズを持ち込み、店頭に並べる前には傷んだ部分も修理していましたが、意外な事に1950年代頃までのジーンズにはベルトループの裂けている物はほとんど無く、逆にそれ以降の60~70年代頃の膨らみが無くなり丈夫なはずのポリエステルで縫われたベルトループは、裂けている物が多かったのです。

ヴィンテージショップ時代の経験から辿り着いたのが、この「真ん中が膨らんだベルトループ」なのです。

 

フラットヘッドのベルトループは1920年代のUNION SPECIAL社製の2本針二重環縫いミシンで縫い上げます。

「新しいミシンで縫えないの?」と思う人もいるかもしれません。
見た目だけであれば縫う事は出来ます。でも、膨らんでいれば良い訳でもないのです。

ベルトループの生地を巻き込むための真鍮製のラッパと呼ばれるパーツは、最適な巻きと膨らみ具合を作るために職人が手曲げで幾つも試作品を作成し、理想とする形状を完成させました。
1920年代のミシンは、綿糸だけを用いていた時代の物なので綿糸による微妙な糸調子を出すことが出来ます。
この微妙な糸調子により、新品(未洗い)の状態のベルトループは縫製糸が沈みきっていません。

まさしく5割の状態です。

ジーンズを洗い、生地が縮み、縫製糸が縮むことで初めて求めていた「糸の締りと中央の膨らみ」が現れます。
これを実現するためにはヴィンテージミシンの存在が不可欠なのです。

 

糸を守る大事な毛羽


着用時には隠れてしまうベルトループ。
もっと見えないのがボタンホール。ボタンを留める穴です。

上の画像は新品の状態のボタンホールです、新品なのに穴のふちは毛羽で覆われています。
この毛羽はあえて出るようにしています。仕上げが下手なわけではありません。

フラットヘッドのジーンズはボタンの素材に鉄を使用していますが、ボタンの開閉を繰り返すうちに、長年の着用でボタンホールの縁を縫う、かがり糸は確実に摩耗していきます。
かがり糸が摩耗し擦り切れてしまうと、穴の縁はデニム生地の切断面が剥き出しになり裂けてしまいます。

 


そこで重要なのが、この毛羽。

ボタンホールはボタンを留めるために生地をカットして穴を開けます。
穴を開けただけだとそこから破れてしまうため、穴の縁を糸で綺麗にかがり、破けない様にします。
フラットヘッドのジーンズは、その順番が逆です。

穴の開いていない状態の生地にボタンホールの形をした、かがり縫いを入れます。
かがり縫いをした後に、真ん中に穴を開けます。
縫った後に生地をカットするため「後メス」と呼ばれる技法です。(メス=刃物)
この場合、かがり縫いの内側に生地の裁断面が剥き出しになり、生地の毛羽が残ります。
この生地の毛羽は、ボタンの開閉の際にボタンとの摩擦から、かがり糸を守る役割を果たし
長年の着用でも、ボタンとの擦れによるかがり糸の糸切れを防いでくれます。
ちなみに画像のミシンは、フラットヘッドが所有するドイツのデュルコップ社製、1960年代のボタンホール専用の後メス式ミシンです。ここまで状態の良い物はなかなか残っていません。

 

画像は1年半ほど穿き込んだジーンズのボタンホールです。
ボタンとの擦れで毛羽は少なくなっていますが、かがり糸は守られてしっかりと残っているのが分かります。

 
まだまだ続くジーンズへのこだわり。
次回は色落ちや経年変化についてお話します。。。

その他の特集

PAGE TOP