アクセサリー特集「ターコイズ&シェルブレスレット」

気温も暖かくなり、軽装となるこの季節。

半袖シャツやTシャツと共に、手首にはブレスレットを加えてみてはいかがでしょうか。

昨年も大人気だったターコイズブレスレットに加え、今シーズンは天然貝を使用したシェルブレスレットも登場です!

 

アクセサリー素材の起源でもある貝

アクセサリー素材としての貝殻は、動物の骨や牙などと並び世界最古のパーツです。
その昔は、食料など生活の糧となった動物への感謝や、漁や狩りの成功を祈るもの豊作を願うためと言った意味を込めて天然素材を用いたアクセサリ―を身に着けていたとも言われています。アクセサリーと言うよりは、御守りに近い物でした。
その様な意味もあったにせよ、美しい色合いと光沢を持つ貝殻は、アクセサリー以外の装飾物など様々な形で遥か昔より使われ続けてきました。
 

神秘的な空の石


空色を思わせる美しい青色、パワーストーンとしても世界中で愛され続けているターコイズ。
日本ではトルコ石の名で古くから親しまれていますが、名前の由来はフランス語のpierre turquoise(トルコの石)に由来するそうで、それが広まったと言われています。
世界各地の鉱山で産出されるターコイズですが、アメリカの南西部であるアリゾナ州、ネバダ州やニューメキシコ州などは有名な鉱山が多数あり、希少価値の高い石が採掘される事でも知られています。
 

ターコイズとシルバー


ピンクシルバーのビーズにはフラットヘッドのイニシャルである、FとHを片面ごとに入れています。
ピンクシルバーは赤みを出すため割金に銅を用いるため、通常のシルバーよりも変色が早いと言う難点がありますが、フラットヘッドは銅の他にパラジウムの他(企業秘密)による独自の割金配合で変色しにくい美しい色を生み出しています。
 

ブランドイニシャルとアメシストビーズ


ピンクシルバーのビーズにはフラットヘッドのイニシャルである、FとHを片面ごとに入れています。
ピンクシルバーは赤みを出すため割金に銅を用いるため、通常のシルバーよりも変色が早いと言う難点がありますが、フラットヘッドは銅の他にパラジウムの他(企業秘密)による独自の割金配合で変色しにくい美しい色を生み出しています。
また、イニシャルビーズの内側には小さなアメシストのビーズを組み込んでいます。
 

マグネット脱着式の優しい仕様


ブレスレットを手にはめる際は、片手だけでの脱着になるためフック式だと慣れるまで脱着が大変だったりします。
マグネット脱着式のフックはグルっと巻いて磁石同士が近づくと、互いの磁力で自然にくっついてくれますが、着用時には不用意に外れる事もない、非常に便利な仕様です。
 


シェルブレスレット(F-JB-914 40cm)着用イメージ
 


ターコイズブレスレット(F-JB-904 40cm)着用イメージ
 

ちなみにこのブレスレット、手首にはめるのはもちろんですが、一重で使えばネックレスにもなる優れモノです。

シンプルになりがちな夏のコーデ。

ターコイズブレスやシェルブレスで手元や首回りを爽やかに彩ってみてはいかがでしょうか。

その他の特集

PAGE TOP